店長力スポンサー広告OJT > 研修とは何?
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
研修とは何?
例えば、「研修」といえば一般に、一定の枠組みというか形式が決まっているものを指すようなイメージがあるでしょう。つまり、日程やプログラムがあり、一つひとつコンテンツもあらかじめ準備されていて、その通りに進めてゆく、といった感じです。

単純に言えば、指導や育成といったものの中で、

すでに内容と形が決まっているもの

のことを研修と呼ぶ、と考えてもよいかもしれません。

典型的なイメージだと、いわゆる「座学」を思い浮かべると思います。テキストかレジュメに沿って、講師の話を聞くことが中心です。一部、参加者の発表の機会があったり、ロールプレイングなどがカリキュラムに組み込まれていたりしますが、これらはいずれも、いわゆるOFFJTになります。

それで、ともすると

研修=OFFJT

と何となく思っている場合もあるかと思います。

しかし、今こうしてあらためて聞かれると、そんなことはありませんよね。お店でも、「最初の何日間は、研修期間です」とか言いますし、その研修というのは、たいていOJTを指しています。

また、現場で行われるOJTだって、やろうと思えばカリキュラムを作ることもできますし、テキストやレジュメを使うこともできます。

もちろん、内容が流動的だからといって「研修」と呼ぶに値しない、と単純に言うこともできません。

「ウチの店では、業務はOJTによって覚えていただきます」

という場合、それがどの程度定型化された内容なのかはまちまちなわけです。

このように、ある言葉の典型的な定義やイメージと、実際の内容は必ずしも一致しません。むしろ、ある言葉が何を表すのかは、そのお店、お店で「意識的に決める」ことができるし、特定の定義とその範囲、具体的な内容を共有しておくことが有効でしょう。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。