店長力スポンサー広告OJT > 言葉の問題として話し合う
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
言葉の問題として話し合う
OJTを行えるスタッフさんを作りたい、できれば全スタッフさんにOJTに参加してもらうような環境を作りたい・・・とは思っても、現実を見ると、とても指導など任せられる状況ではない、とんでもない、と感じてしまうかもしれません。まず、たいていの場合、方法論以前にスタッフさんの意識を変化させなければならない、と感じるでしょう。

日頃あまりコミュニケーションが取れていないという負い目などもあってか、新たな試みや、今までと違う役割を与えようとか思ったときには、とっかかりとして、何から話し始めたらいいのかと悩んでしまうことがあると思います。

ふだん気軽に議論できるような土台ができていない場合、変に意気込んでしまうと余計に問題が生じるようにさえ感じます。たとえば、いきなり今実際に起こっている具体的な問題点を話し出すと、スタッフさんは警戒心が先に立って自分の意見を言うのを拒絶したり、人間関係上遠慮したり、または逆に、日頃たまっている不満を一気に吐き出そうとしたり、特定の仲間を責めることに固執したり・・・と不毛な方向へ話がそれがちです。

そういう場合、上で挙げたように、OJTという言葉、または「指導」「育成」「研修」というような言葉を、まずは

言葉としてどう分類するか、解釈するか

といったところを店長さん自身が考えることをおすすめします。そして、店長さんの考えをもとに、スタッフさんと話し合ってみるとよいきっかけになると思います。具体的なお店の問題点にはまだ触れずに、まず、あえて単なる「言葉の問題」として論じるのです。

何かの拍子に、ふと思いついたかのように、

「それにしても、研修って、結局どういうことだと思う?」
「指導って、一言で言うと、何なんだろう?」

というような振りから入るわけです。

私もよく使う手法なのですが、最初、単なる言葉の問題として話し始めると、割とソフトに話ができます。最初は、自分なりの言葉で考えを述べてもらうだけで十分なので、特に、考えを押し付ける必要も、どちらが正しいとか決める必要もありません。

そこからだんだん、

「当店では、指導といえばこういう意味だと考えよう」
「OJTは、こういうことで、お店ですべきことはこれとこれ」
「研修は、こういう手順と段階に分けたらいいんじゃないかな」

というように、お店の枠組みとして全体をどう捉えるか、何が何に含まれるのか、という点へと自然に興味が移ってゆくのが望ましいですね。関連して、他にも、

「管理」と「監督」、「分担」と「役割」、「指示」と「命令」

というように、似ているようで何となくニュアンスの違う言葉というのは結構あります。それぞれが現実に何を指しているのか、フランクに話してみたらいいと思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
そうですね。言葉どうしの違いと、同じ言葉についての人による受け取り方の違いと2つあって、考え出すと難しいですね。

そのお店ならお店、会社なら会社での定義をはっきりしておくことが必要かなーと思います。
2007/03/18(Sun) 07:17 | URL  | Y [ 編集]
なるほど~!
>「管理」と「監督」、「分担」と「役割」、「指示」と「命令」

指導、研修、育成もそうですが似ているようで何処と無く
意味が違うような・・・

言葉のニュアンスでも
相手の取り方も変わってきたりもしますし相手に伝えるってのはホント考え出すと奥が
深いですね~v-390

指導する方ももプロにならないといけませんね~v-219
2007/03/11(Sun) 12:42 | URL  | ぺろりん [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。