店長力スポンサー広告OJT > 定量的に決めよう
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
定量的に決めよう
他にも、それぞれの作業や動作の意味や目的、その指導を通してスタッフさんに訴えたいこと・・・これらももちろん考慮すべきだと思えます。店長さんなりの教えやすさや、自分なりの表現なども含めると、結局、指導者の主観や、興味などが反映されていきます。なぜか、そうやってどんどん複雑化していくと、結果的に

「現状が一番合理的なのだ」という気がしてくるから不思議です。

現実のやり方がなかなか変わらないのはこういった理由によるところも多いのではないでしょうか。そこで、もし、「覚えるべき作業」の順序付けについて、みんなの意見が食い違ったり、店長さん自身が悩んでしまったりするようなら、いったんこのように考えてみてはどうでしょう。それは、原則

より頻繁に行う作業ほど先に教えるべきだ

ということです。こう考えるとごく単純、ある意味機械的に順序付けできるはずです。理屈で言えば、「何から教えるべきか」を考えるには、

スタッフさんが、採用されてから退職するまでにその作業を何回行うか

という点だけを考えればよいのです。そして、原則的には、その

やってもらう回数の多い順

にOJTを施してゆくのが最も効率的です。

初めは、このようにごく単純に、数値的に考えて、教える順番をいったん決めてしまうわけです。すると、たとえば、今までは新人さんへの初期研修で必ず教えていた作業であっても、案外、後回しでいいのではないか、と思えるものが出てくるかもしれません。

また、今まで、ひとつの業務としてまとめて考えていたものも、

2つのレベルに割る

という工夫ができるかもしれません。同じ作業でも、一部を知っていれば、ひんぱんに対応できるという場合があります。ただし、全部知っていなければ対応できない部分が何割か発生するからややこしいわけです。ですから、ここまでは頻繁に繰り返す動作だが、ここから先はそれほど発生しない、という区分がもしできれば、それらは必ずしも同時に習得しなくてもいいわけです。

このようにして、必要な指導項目を、先入観を持たずにいったん全部並べてしまいます。

やってみると、それはそれで特に不都合なく見えると思います。その後、重要度、または、方針やテーマ、実行上の便宜といった問題を加味して、特に効果があると思えば修正していけばいいでしょう。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。