店長力スポンサー広告OJT > 複数の流れを作る
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
複数の流れを作る
ただし、教える順番といっても、それは常に現場の都合が絡んできます。たとえば、指導順序としては後回しになっているような項目でも、今他にできる人が不在なため、早急にやってもらいたい業務というのが発生したりします。

もちろん、原則があるからといって、いかなる場合も例外は許さない、などと考える必要はありません。しかし、例外というのは、特に何かの理由があって意識的に行なわれるから「例外」なのであって、原則のないところには例外も何もありません。

ところが、実は、唯一の統一された順番、と考えると、かえって原則そのものが崩れやすくなります。これだと、「例外の発生」というより「原則の形骸化」に近くなってしまいます。

ですから、細かい習得項目の順序には何種類かのバリエーションがあるほうが実用的です。たとえば、「Aコース」「Bコース」といった選択肢を作っておくのが有効なのです。コンビニで言えば、

○ レジ中心コース
○ 売り場中心コース

とか。またはテーマ性を持たせるとすれば

○ クオリティ追求コース
○ サービス追求コース
○ クリーンネス追求コース

といった選択肢も面白いかもしれません。上の例は単なる思い付きで挙げたに過ぎませんが、習得順序が全員に対して単一のパターンである必要はないのです。

たとえばですが、今現在オペレーションの徹底や、既存スタッフさん全体のレベルの底上げが必要だというような場合なら、最初、入り口が分かれていて、最終的には一致する、という流れがいいかもしれません。とりあえず早期に「分業」がしやすいからです。

逆に、ある程度役割や待遇を差別化したい場合や、中級者、上級者の指導に力を入れたい場合などは、初期は全員が単一の課程を通過し、その後分岐する流れも考えられます。

また、特殊な役割を与える場合、たとえば、既存のスタッフさんとまったく違ったレベルを期待する場合や、初めから「店長候補」として勤務する場合などですが、あえて別のプログラムを設定するということもありえます。その場合には、それなりのメソッドを別途作ればよいわけですが、これにしても、通常のパターンがしっかりあればこそ、特殊な設定も整合性をもって準備できるのだろうと思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。