店長力スポンサー広告OJT > 問題は教える順番
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
問題は教える順番
さて、今、たとえば最低限の「一通り」教えなければならない内容が確定したとします。すると、理屈で考えれば、その中からランダムに覚えていくとしても、一定期間が経過すれば、一通りできるスタッフさんになるはずです。しかし、実際にはそううまくいきませんね。

まず、スタッフさんは、すべてを覚える前に退職するかもしれません。また、自分ができそうな、やりたいと思う作業だけは覚えますが、いやな作業は覚えることを避けるかもしれません。また、スタッフさん毎に、できる業務とできない業務がばらばらに存在していると管理が大変です。

OJTの即効性を考える場合には、「習得順序」つまり、覚えてゆく順番が問題になってきます。これは、もちろん大くくりでも必要ですが、実は、一つひとつの作業項目、また、より細かい習得動作、項目そのものにも明確に順序付けしておくほうがよい、と私は思います。

効率の面だけでなく、何と何をどういう順序で覚えてゆく、ということが示されないと、教えられている本人が

「今の状態がいつ、どうなったときに終わるのか」

が分かりません。すると、単純に

「試用期間が終わったら指導も終わる」とか、
「いつの間にか、何も言われなくなってきたら、一人前」

というような認識しか持てなくなります。これは、その後の継続的な指導のやりやすさとか、指示、命令の受け入れ方とか、それこそ本人の仕事に対する意識などにも影響してしまいます。

だから、お店で行われるOJTの内容は、項目を特定するだけではなく、状況によって多少前後するにしても、あらかじめ

「全体として、何をどの順番で覚えればよい」

ということを順序付けて設定しておくべきだと思うのです。それによって

「今は、いつまでにどの作業を覚えればよい」
「これが終わったら、次は、これか・・・」

ということも明確になります。つまり、全体像と、今時点ですべきことの両方が見えるようになります。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。