店長力スポンサー広告OJT > 「一通り」の内容を削減する
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「一通り」の内容を削減する
私などもかねがね思うことですが、コンビニでアルバイトスタッフさんに覚えてもらいたい作業、たとえば、レジでのお客様対応に限ったとしても、これをすべてOJTによって、丁寧に一つひとつ教えてゆくとしたら、たぶん半年とか、相当長い期間が必要だという印象があります。単に作業、動作レベルでのことだけを考えても、です。

ところが、一方でアルバイトさんの勤続期間は、ともすると数ヶ月から半年、長くても数年です。はっきり言って、

「一通りの作業ができるようになるまでの期間」

のほうが、

「一通りできるようになってから、退職するまでの期間」

より長い、ということになりかねません。これでは、何のために指導してるんだか・・・ということになってしまいます。

そう思うと、何か起こるまで教えなくていいや、聞かれたらその都度教えればいいや・・・などと思いたくなります。すると、店長さん自身が作業をこなすことに終始しがちになり、また、既存のスタッフさんへの不満ばかり募っていきます。

それでも、お店の日常業務は某か成立しているようにも思えるでしょうが、長期的に見るとそれでは「向上」とか「改善」とは無縁な、不平不満の多い、オペレーションが雑なお店になっていきます。

すると、もう指導する気もなくなってきて、スタッフさんの定着率がもっと下がってきて慢性の人手不足に陥り、店長さんの休みがなくなって、もっと指導がおろそかになり・・・と悪循環にはまっていくわけです。

そこで、先に述べたように、

「もっと、こういう指導が必要だ」
「ここも抜けているから追加しなきゃいけない」

というふうに、どんどん内容を増やすことばかり考えずに、まず、極力

「ここから何を外せるか」

ということをじっくり考えてみるのがひとつ有効な手法になります。追加はいつでもできます。むしろ、今やっていることを「やめる」というのは意識しないとなかなかできないのです。

同じように、もうひとつ

「何を後回しにできるか」

ということも考えられます。必要といえば必要だけど、それは今すぐ緊急に必要な事柄か、それとも、もっと後から知っても影響の少ない事柄か、ということで、これは、教える順番に関わってきます。

相当期間、ここまでを整理して、その上で初めて、

「さて、ウチのお店で、決定的に抜け落ちているのは、何か・・・?」

といった問題に着手すればいいわけです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
お待ちしてましたよ(^^)
しばらくブログをお休みされてて、さびしかったです~。

店舗でのスタッフ教育は、どこの店長さんも非常に気にされているとは思いますが、正直言って、気になってはいるけど、日々とりあえず後回しにされて、結局手付かず、ということになりがちです。

のどに小骨がつっかえたような気持ちのまま、毎日をやり過ごしていることが多いのではないでしょうか。

もしかすると、こういうのは、店舗業だけではないかも知れませんね~

v-308ぺろりんさん復活v-363また、よろしくお願いしますねー。
2007/02/23(Fri) 22:46 | URL  | Y [ 編集]
コメントありがとうございます
留守中も三毛猫さんと同様
コメント頂きありがとうございました!!v-435

あらためてコンビニ業界での
新人教育の難しさを痛感しています
教わる方はバイト経験が多い人もいれば初めての人もいるだろうけど教える側って何十人教えてきた中のまた1人プラスって感じな教え方になるでしょうね!
とりあえず一通り言ったから
終わりっていうわけじゃないですからね~
皆慣れてくると勝手に好き勝手なことなんかしだしちゃったりして・・・(笑)
やはり教え方もですが
根気も大事ですね~(苦笑)

2007/02/22(Thu) 22:06 | URL  | ぺろりん [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。