店長力スポンサー広告OJT > 指導項目のバランス
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導項目のバランス
さて、次にたいてい問題は、作業単位で習得項目を想定しようとすると、どうしても、働き始める最初のほうに項目が集中してしまう、ということです。それが自然発生的に、初級レベルのスタッフさんへの指導コストの集中を招いてしまうとか、さまざまな問題と絡んでいるように思います。

もちろん、お店としては

早く、一通りの作業ができるようになってほしい

という切実な願いがあります。これは当然といえば当然ですね。しかし、現実にはどうかというと、多くのお店では

一通りの作業ができるスタッフさん

がごく少数で、あとのスタッフさんには常に誰かが見ていないとお客様への対応や、細かい判断すら任せておけない、というような事態が発生しています。全部理想的なOJTを提供するはずが、実際には

「え?そんなことも知らなかったの?」

ということがしばしば起こります。さて、

「一通りの作業」ができるスタッフさん

という場合の、一通りというのは何を指しているのでしょうか。まずそれをある程度明確にしなければならないでしょう。お店で覚えなければならない作業は多岐にわたります。通常考えられる「一通り」というのが、すでにかなり重いのではないでしょうか。

実際には、この「一通り」の条件をかなり下げないと現実に合わないというお店が多いと思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。