店長力スポンサー広告OJT > 定型化作業に徹する
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
定型化作業に徹する
ですから、とにかくごく大まかにでも、

現状行われている指導の流れや、今必ずOJTを行っている項目

をざっと書き出します。そして、それぞれについて、大体において誰が、何を使って、どれくらいの期間で行っているか、などを再確認していきます。

やろうとすると、必ずと言っていいほど、

「これはダメだ」
「ここは何とかしなければ・・・」
「ああ、お話にならない・・・」

という考えが頭に浮かんできます。しかし、定型化、あるいは、標準化について、実際的なコツを言うとすれば、

1 まず現状そのものを定型化し、
2 次に「何を外せるか」を考え、
3 その後で、「さて・・・」と改善や工夫を少しずつ落とし込んでいく

ことです。これを、まったく別の作業と考えて、区別して行うことです。

気持ちとしては、その現実にあるものを改善したいわけですが、この時点では、いくらいいアイディアが思いついたとしても「今やっていないこと」を書き足さないことです。ここで、今やっていないことを含めてしまうと、正確な現状把握ができなくなるでしょう。

○ 前にはできていたが、今現在できなくなっていること
○ 前から、ぜひやろうと思っていたこと
○ 他店の成功事例や、効果のありそうなノウハウ

なども、現実にはすべて「今やっていないこと」に含まれます。むしろ、考えていたのに現実にできていない事柄というのは、何か別の理由や問題が隠れている場合がありえます。

往々にして、書いたものがなく、店長さんなどが頭の中だけで把握している、というような場合には、今やっていることと、やっていないことの区別があいまいになりがちです。ですからここでは、とりあえず「見える形にする」ことだけを先に済ませましょう。

その後、一番決定的な問題点から順に、少しずつ改善を試みてゆけばいいのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。