店長力スポンサー広告OJT > 前提としての定型化
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前提としての定型化
先に述べたように、指導業務全体を俯瞰して、OJTとして行う部分、そのうち、4STEPで行う部分、行わない部分、また、ある方略が不可欠な部分と過剰な部分・・・というように切り分けてゆけば、内容はかなり明確にでき、過剰な労力やコストも排除できるはずだと私は思います。

ただ、このように考えるといっても、そのためにはまず、ある程度内容や方法がすでに「形として決まっている」ことが大前提です。もちろん、その都度判断する事柄は多々発生すると思いますが、それはある意味でどんな業務でも当然起こりうることであって、前提があってこそ、例外的判断も必要になってくるという話です。

つまり、理想や方向性などを決める以前に、多くの場合まず必要なのは、

そもそも今いったいどうなっているのかを、目に見える形にすること

です。

もし、店舗の業務改善や、人材の育成を外部の専門業者にアウトソーシングするとします。すると、おそらくどんな業者でも間違いなく最初に行うことは、まさに「現状把握」であるはずです。

ところが、内部にいると、現状というのは「すでに分かり切っていること」のように思えてしまいます。本当にそうでしょうか。おそらく、改めて質問されると、実際には「よく分からないことだらけ」だと思います。

また、分かってはいても、それは「否定すべき状態」だと感じていることが多いため、どうしても目を背けたい気持ちになります。ですから、たいてい、問題を感じている人ほど現状を無視して、

「こうあるべきだ」
「こうだったら、上手くいくはずだ」

ということから考え始めます。あるいは、

「こうだからダメなんだ」
「これが問題なんだ」

と。これだと厳密に言うと「現状把握」じゃなくて「現状評価」です。往々にして、現状把握が不完全なために、問題のポイントがずれていきます。

このように、冷静に現状を見つめなおす機会を意識的に作らないと、そこに現実との乖離が生まれます。理想を持ったり、改善を志すこと自体は良いのですが、そのためには、一度あえて理想やイメージを捨てて、とにかく今実際に行なわれているOJTの内容を、純粋に把握しなおす作業から始める必要があると思うのです。

仮に、すでに研修マニュアル等のツールがすでに揃っているお店の場合でしたら、まず、そのマニュアルと、日常典型的な行動との間に乖離がないかどうかをチェックすることから始めればよいと思います。

問題は、今特にマニュアルも何もない、という場合です。こういうとき、お店では、いきなり現状を無視した、理想に近いツールやマニュアルを作成しようとしてしまいます。

「どうせ作るのであれば・・・」

と考えてしまうわけです。しかし、これでは、大掛かりな作業になってしまう上に、作ったところで機能しにくくなります。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。