店長力スポンサー広告OJT > 部分的にOJTから外す
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
部分的にOJTから外す
それで、私はむしろ逆に考えたほうがいいと思うわけです。つまり、通常の研修とか、OJTのそれぞれについて改善しようとする時には、まず

「何を外せるか」

という視点で考えてみるのです。いわば、消去法です。そのほうが、指導される側の望んでいるものに近くなると思いますし、結果的には、どの部分が不可欠な、重要な部分なのかを絞ることもできます。

不必要な部分をすっぽり抜かしてしまう、という大胆な策はなかなか実現しないとしても、指導というのは、ひとつの継続的な流れです。たとえば、OJTがOJTだけで完結している必要性は別にないわけです。部分的に

○ マニュアルを整備して、読ませる
○ 単に他のスタッフが行っている作業をそのまま見学させる
○ 動作と同時に使う「言葉」だけを先に練習させる

というような工夫はすぐできます。これは、ある意味で

4STEPトレーニングの、部分的な代替手段

と考えれば分かりやすいかも知れません。とにかく、多様なツールと手法、そして周囲の仲間の協力を組み合わせながら、それが

全体として「ひとつの指導内容」として完結していればいい

わけですね。そのために、

○ 部分の切り分け、と
○ 全体像の整合性


の両面から、理想のあり方と、現実の可能性を検討することが有効だと私は思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

OJTOJT(On-the-Job Trainingの略)とは企業内で行われる職業指導手法の一つで、職場の上司や先輩が部下や後輩に対し、具体的な仕事を通じて、仕事に必要な知識・技術・技能・態度などを、意図的・計画的・継続的に指導し、修得させることによって、全体的な業務処理能力や
2007/02/25(Sun) 12:05:20 |  労働辞典
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。