店長力スポンサー広告OJT > 指導はコストである
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導はコストである
多くの人が、人に教えるということを特殊な行為だと感じています。しかし、指導というのは、お店で発生する多くの業務のひとつです。となると、他のすべての業務がそうであるのと同じく、指導についても、具体的な方法論とともに重要な点はコスト感覚です。

だからこそ、今まで述べた中でも触れたように

○ 今必要な情報だけを与える
○ 効果の高いところに集中する
○ 全体像を俯瞰する

といったポイントを重視すべきだと思うのです。

しかし、このように考えると、いわゆる4STEPトレーニングなどのご丁寧な指導方法は、すぐさまコスト過剰を招くように感じられます。これに限りませんが、物の本などに書いてある指導のノウハウといったものも、

「そりゃ、そうだけど・・・それができれば苦労はない」

という話で、活かされることなく終わってしまうものが多いように思います。つまり、仮に指導の方法論としては正しいと思っても、実際やろうとすると

「割に合わない」

ような気がするわけです。それで、何となく理想的な姿を心に描きながらも、実際にはそれとはまったく違った方法をとり続けてしまうわけです。

多くの管理者や指導者が、

「本来だったら、こうやるべきだ」
「だけど、今は無理だから、こうなってしまう・・・」

というような流れで考えていると思うのですが、私は、その理想と、実際の両方を疑ってみる必要があるように思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。