店長力スポンサー広告OJT > 価値の高い情報を提供する
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
価値の高い情報を提供する
実は、前で述べたことは、

○ 教える時のポイント

というよりも、そもそも自分自身が仕事の全体像を把握するためのポイントでもあります。店長さんなど、管理者自身が、仕事の全体についてある程度確かなイメージを持った上で、それを体制化し、言語化できるくらいに練っておかないと、結果として説明することが支離滅裂になったり、毎回同じことの繰り返しになったりするわけです。

それが症状としては、

「上級者が育たない」

という状況にもつながってくるわけですが、病因はむしろ管理者の

「仕事の捉え方」

にあります。つまり、指導方法を考えると言うよりも、むしろ教える側がもっと勉強しなければないのです。

優秀な人材ほど、優秀な指導者を必要とする

というのは真実であるように思います。すでに自分が知っている、分かっていることを繰り返し教えているだけでは、上級者指導はすぐに限界が訪れるわけです。

そこで、まず注意点としては

○ 店長さんの話ばかり一方的にしない
○ 足りない面、マイナス面ばかり指摘しない
○ 同じような話題ばかり繰り返さない
○ 結論の出ない議論を長々としない


といったことが実際的なコツとして挙げられると思います。

もうひとつは、たとえば

○ お店以外の、メディアの情報や外部の話を提供する
○ 良書があったら読むように薦める
○ 他業種の観察をいっしょにする


とか、要するに、今必要な範囲内で悪い点を修正したり、問題点を意識させたりすることばかり執心するのではなく、むしろ、

本人にとって、そこで働いている価値がより高まるような指導や情報提供

を心がけることが効果的だと思いますし、後でまた述べたいと思いますが、単なる業務指導という範疇を超えて、「ヒトの育成」というテーマを考えることにもつながるような気がします。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。