店長力スポンサー広告OJT > 中級者への集中
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中級者への集中
初期研修は、ある程度作業についての知識があれば可能ですから、割と形式も決めやすく、通常どこのお店でもしっかり行われています。問題はその後です。多くのお店では、中級者以降の研修というものは明確に想定していません。結果的に育ってきた人間に、特定の業務を与える時だけ指導が入る、といった感じです。

中級者となると、まず指導する内容そのものがあいまいになってきます。単なる作業項目ではなく、先に述べた方略とか、意識といった面も含まれてくるからです。

しかし、私が思うに、お店にとって、むしろ重要なのは中級者教育です。ですから、まずは、中級者をほったらかしにしない雰囲気を作ってください。

ごくふつうに、まんべんなく指導しようとすると、たいていおろそかになりますから、むしろお店が全体として、中級者教育を意識的に優先して行おうという気持ちがないといけません。

おそらく、意識的に中級者教育を始めようとすると、店長さんでさえ、確固とした指導方針や、その方法論を持ち合わせていない場合が少なくありません。また、この辺りになると、指導力の問題も多少出てきます。誰がやってもあまり変わらない、とは言えなくなってきます。

この場合、むしろ店長さんは、初級者教育に割く労力を圧縮する必要が生じます。そうでないと、中級者に目を向ける余裕が生まれないからです。

同時に、別の担当者に初級者教育を任せてみることで、他人が指導という業務をどう考え、どう実行しているかを見ることができます。ハタで見ているといろいろ指摘したくなってくると思いますが、まずは、自分自身が学ぶつもりでじっくりと指導者の姿を観察すること自体が勉強になります。ですから、最初のうちは、指導している人にあまりくどくど言わないで、自分が学ぶつもりで黙って見ておくことも必要かと思います。

言い方は悪いですが、仮に指導に多少不服があっても、相手は新人さんです。まあお店にとって、ダメージは最小なのです。お店全体の指導力、そして、何より店長さん自身の指導力を向上するメリットのほうが大きいと考えて、初級者指導はできるだけ思い切って他のスタッフさんに任せてみることです。

一見遠回りとも感じるでしょうが、こういう努力を避けて、すぐに自分の経験に依存したお説教ばかりしたり、または、すでに慣れている「新人さん教育」ばかり自ら繰り返して悦に入っていたり・・・店長さんがそういう態度だと、いつまでたってもスタッフさんは初級程度のレベルから引き上げられることがなく、

「いい人が来ない、いい人が来ない」

と嘆く状況が続きます。まあ、昨今、いい人が来ないのはある意味で事実なのですが、これでは、仮にいい人が来たとしても、お店は変わりません。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。