店長力スポンサー広告OJT > 指導とは継続業務
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導とは継続業務
一人ひとりのスタッフさんを個別にどう指導するか、という問題と同時に、お店では、この全体の人員サイクルをいかに適正に保ち続けるか、が大切なわけです。

指導とか育成、というものを、場面、場面で単発的に行うものと考えていると、かえって難しくなります。そうではなくて、ある特定の人に対する「指導」というものを、働いている間ずっと続く一種の「体系」であるというように理解すべきで、指導段階とか、人員の入れ替わりとか、そういう面も含めて「指導」というのは長期的に続く

継続的業務である

と認識しておくことです。そうなると、対応はより定型的に行うことができ、全体を俯瞰すれば、ある程度基本的なパターンがあることが分かります。

そのように考えるからこそ、その人が今いる段階に応じて、指導スタイルを区別するということも可能になってくるわけです。全体を想定していればこそ、そのある特定の期間とかタイミングのときに、特定の指導スタイルが有効だということになるのです。

人員サイクルに沿って指導過程を俯瞰すれば、実際に行われているOJTその他の指導内容がそれぞれにどういう相関性を持って位置づけられるべきかが割合はっきり見えてきます。

そして、お店で必要な「役割」にはどのようなものがあるのか、それは、どのタイミングで誰に割り振るのが妥当か、ということも具体的に見えるようになりやすいのです。

大げさに言えば、一人のスタッフさんが入ってきて、ある期間お店で働いてもらって、いつか、退職していきますが、その、退職する日まで「指導」は続きます。で、たいてい、その終わりのほうへ行けばいくほど指導の内容というのはあいまいになってゆくわけですが、これは、第一に全体を想定していないからでしょう。

お店で一番問題になりやすいのは、むしろ、中級レベル以上のスタッフさんを常に確保することです。また、中級以降の指導が行き届いていればこそ、新人さんが入ってきてもスムーズに働きやすい環境が生まれるわけで、結局、人員不足もそこからきている、という場合があるわけです。

だから、新人さんの初期研修ばかり熱心にやっていても、それ以後の継続的な指導について念頭においていなかったら、お店は、どうしても初級レベルのスタッフさんばかりになってしまうのです。そういう状況では、指導スタイルも単一になるのは当然です。そして、その状況で新たに人を採用しても、指導もしにくいし、それ以前にたいてい手が回らないということになります。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。