店長力スポンサー広告OJT > 先が見える安心感
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先が見える安心感
いくら入ったばかりの新人さんだって、いかに効率的であるとはいえ、ずっと権威的指導スタイルに接していれば、どこかの時点で不安や不満を持つようになる可能性が高いでしょう。

初めのうちは素直に従っているでしょうが、ふつう、効率優先とばかり、業務の説明ばかりで「早く覚えろ」という感じで、面白い雑談も何もしてくれない、と思ったら、

「こんな指導がずっと続くのだろうか」
「なんてつまらない職場だろう」

と、だんだん嫌気が差してくるかもしれません。

だから、最初はある程度のコミュニケーションや、相手の興味なども考慮して・・・と考えることが多いと思いますが、それはむしろ逆なのです。

当然ですが、何のために指導するのか、という自明のことをうやむやにしてはいけません。

この段階で考えるべきことは、楽しくするとか、理解を深めるとか、そんなことではなく、できるだけ内容を圧縮してあげる、期間を短縮してあげることです。ですから、まず初期研修というのは、むしろスピードが必要で、そのためには準備も必要だし、権威的でよいから、相手があれこれ考える以前にどんどん進めてしまう、というような感覚も大切になってくる。

と同時に、指導スタイルが変化してゆく、ということ自体を、できるだけ早い段階で明示してあげることが必要になります。

「今は、自分が新人なので、こういうスタイルでOJTが行われているんだ」

ということが自然に読み取れるようにしてあげるのです。他の既存のスタッフさんが、常に「権威的指導スタイル」による指導を受け続けているのではない、ということが分かっていれば、それはむしろ

「早く仕事を覚えて、本当の仲間になってほしい」

というような強いメッセージと受け取ることもできます。初期研修を早く終わらせようという意識を持つようになりますし、

「早くみんなの仲間と認めてもらおう」

というような欲求も芽生えやすいのです。それなのに、変に気を使って、初期指導がたとえば本人にとって非常に楽しいものであったとしましょう。すると、

「なるべく今の状態を維持しよう」

という心理に傾いても不思議ではありません。また、後々振り返っても

「入った頃はよかったなあ・・・」

と感じてしまう。つまり、本人にとっては、仕事を覚えれば覚えれるほど損で、ずっと新人扱いされているほうがメリットがあった、ということになってしまうのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
>みうなさん
ありがとうございます。
私は、年末年始も仕事で、これから一足遅れの正月休みです。店舗業の宿命ですね・・・

本年もよろしくお願いします。
2007/01/05(Fri) 11:38 | URL  | Y [ 編集]
おめでとうございます。
あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございました。僕は今日から仕事はじめです。本年もよろしくお願いします。
2007/01/05(Fri) 09:00 | URL  | みうな [ 編集]
ヤマイエさん
おめでとうございます。
年末年始は忙しかったですか?

今年もよろしくお願いいたします。
2007/01/04(Thu) 07:47 | URL  | Y [ 編集]
おめでとうございます!
ヤマイエです。遅ればせながら新年のご挨拶に伺いました。

昨年はいろいろとコメントをいただきありがとうございました。今年もお互い頑張っていきましょう。
よろしくお願いします!
2007/01/03(Wed) 17:35 | URL  | ヤマイエ [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。