店長力スポンサー広告OJT > 経験者への配慮
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
経験者への配慮
新たに採用されるスタッフさん、または、配属されてくる社員スタッフさん、これらの中には、すでに実務において遜色ないと見られる、いわゆる「経験者」がいる場合があります。そこで、通常の指導段階をすっ飛ばして、いきなり管理的な業務とか、リーダー的な役割を与えようとすることも多いように思います。しかし、これは原則、非常にまずいのです。

それで、そういう相手だと、たいてい「共有的指導スタイル」が採られる可能性が高いのですが、これがさまざまな問題を引き起こします。たとえば、意見が食い違ったり、勝手に周囲のスタッフさんに管理者の思惑と異なる指示や命令を平気でしたり・・・こういう場合、よかれと思って共有的指導スタイルを選択したことが「アダ」になります。

私の実感では、

経験者を特別扱いするとロクなことはない

です。特に、もう作業レベルのOJTや、実務的な指導など必要ないだろう、などと勝手に判断していろいろ期待すると、後々

「なんだ、ぜんぜんダメじゃないか」
「コイツ、ぜんぜん分かってない・・・」

ということが起こりえます。本人が、だいじょうぶですよ、とかいって、そういう指導を拒否する場合もあります。それでも、いや、むしろそういう時こそ

「一応決まってることなんで、みんなと同じOJTを受けてください」

とか言って、あえて形式どおりの研修、指導を受けさせたほうがいいです。

経験やキャリアのある人を新人扱いしては失礼ではないか、と気を回してしまうかもしれませんが、実は、もし、その人が本当にお店での仕事とか、組織のあり方といったものに深い理解をすでにもっているような、本当に経験者と呼ぶにふさわしい経験者であれば、

OJTは、作業のやり方を習得するもの

といった表面的な理解しか持っていない、などということは原則ありえないからです。

「オレにはこんな指導は必要ない、失礼な!」

などと、短絡的なことはまず思わないはずなのです。たとえばそういう独りよがりな態度がどういう問題を引き起こすか、よって、今自分はどうふるまうべきか、今自分が置かれた立場に従って周囲との関係を作っていくことそのものが、運営、管理上どのような意味があるのか、ということまで想像できるからです。

もし、前提的な研修などをいい加減に、おろそかに受けている態度が見えたら、むしろ、そんな程度の経験者は、

経験のうちにも入らない表面的な経験しか持っていない

と考えてまず間違いありません。管理者がここを見逃して、すぐに共有的指導スタイルを取ろうとすることが危険なのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。