店長力スポンサー広告OJT > フォローと委譲
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローと委譲
やり方はいちいち教えずに、指導しようとする相手を自分の業務の範囲に取り込んでゆく、または、自分の業務を途中で引き継がせてフォローさせる、という方法もあります。

そうすると、上司の仕事の一部を与え、結果を報告させ、その結果について自分で考えさせることができます。たとえば、もし上司が自らやった場合どうなったか、では、いったいどこがどう違うのかといった比較をさせることもできます。

また、当人が行った作業が、こちらの遂行している業務全体にどういう影響を与えるのか、与えてしまったのか、を示すことで本人の気がつかない点、範囲に視野を向けさせることもできます。

一歩進んで、ある限定された範囲の業務を本当に一任してしまう方法もあります。一定のゴールだけを示しておいて、やり方については本人に任せます。そして、質問なり相談なりがあればいつでもしなさい、しかし、自分で何かアクションしない限り相手にしない、といった雰囲気を作ることによって行動を促します。

このような意味での指導は、「放任」とはいっても立派な指導であり、ほったらかしているのとはぜんぜん違うでしょう。

表面的に「これは指導だよ」ということを明示しないとしても、これら、業務フォローや業務の委譲は、やり方によってはまさに指導になるわけです。

お店のスタッフさんに、

「もっと自分の考えを出してほしい」
「自立的に仕事を進めてほしい」

と願う店長さんは多くいます。その一方で、細かいところまでいちいち指示通りにでないと気に食わない、と考えて、業務を任せきれないのです。そういう方は、放任的指導スタイルを意識的に取り入れてみたらどうでしょう。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。