店長力スポンサー広告OJT > ほったらかしと放任的指導スタイル
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほったらかしと放任的指導スタイル
あまり体系だった指導とか、手取り足取り面倒を見るとか、そういった処置をあえて施さずにおくような指導方法は「放任的指導スタイル」と言ってよいと思います。

もちろん、常にこれだけでは日々いろいろな場面で支障が出ることは想像に難くありません。仮にお店で行われる指導、育成が全般にわたって「放任的スタイル」である、ともし言うとすれば、それは事実上、

「このお店では指導らしい指導が受けられない」

と言っているのと同じです。しかし、

「では何から何まで手取り足取り教えるのがよいか?」

というと、そうとも思えないですね。日頃、人の面で苦労されている店長さんなどは同感してもらえるのではないでしょうか。つまり、たとえば、よく聞かれる話ですが

「指示しないと動かない」
「問題意識がない」
「自分の考えを持たない」


こういった点で不満を感じるとき、これを口でいくら説明したところで、なかなか行動を変えてはくれません。強く命令すれば表面的には従いますが、意欲は引き出せません。そうかと言って、分け隔てなく、やさしく接しようとするとわがままを言い出すスタッフが出てくる、とか。どうアプローチしていいか悩みます。

となると、すぐに

「やる気がないんだから仕方ない」
「本人が自覚しない限り、修正しようがない」

という話になりがちです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。