店長力スポンサー広告OJT > 3つの指導スタイル
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3つの指導スタイル
先に述べた「権威的指導スタイル」というのは、原則的には、いわば指導する側が一方向的に習得すべき内容を提示し、指導される側はそれをそのまま受け入れる、というようなやり方でした。

すると、それ以外に考えられるのは、まず「共有的指導スタイル」でしょう。共有的というのは、指導される側の考えや、問題意識なども取り入れながら、また、その意味や目的についても双方向的に話し合い、意見を出し合いながら業務を習得させてゆくような方法と言えるでしょう。全体の内容などについてはある程度規定されているとしても、教えられる側の立場としては、まずこのスタイルは気分がいいですね。

それと、もうひとつ考えられるスタイルがあって、それは「放任的指導スタイル」と呼ぶことができるでしょう。もちろん文字通り「ほったらかし」という意味ではありません。つまり、ここでは放任といっても、自然の成り行きで「ほったらかし」になるとかいうのではなく、いわば

指導されている側が、「ほったらかされている」と感じるように仕向ける

という指導方法があり得るわけです。これはむしろ、ある程度の計算が伴っていなければできないことでしょう。教えるともなく教える、という感じですね。

つまり、指導スタイルは大きく分けると

「権威的」「放任的」「共有的」

の3つがあります。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。