店長力スポンサー広告OJT > 権威的といっても
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
権威的といっても
権威的スタイルだからといって、本当を言えば、お店としても別に唯一のやり方を押し付けたりしたいわけではありません。それは、ふつう教えられている立場の人も理解できるはずです。後になったら例外的な場面も当然出てくるし、教えられてない状況にも遭遇することになります。

が、人によっては、一度強い口調で言われたり、断定的に説明されたりすると、典型的な手順をいつまでも守らなければならない、例外的な場面では常に上司の判断を仰がなければならない、とか、おかしな思い込みをずっと持ち続けてしまうことがあります。

当然と言えば当然ですが、権威的、というのは、今OJTを行う限りにおいては権威的ですが、その作業の習得が終われば、もちろん、意見も聞きますし、本人なりに工夫してもいいのです。権威的な指導スタイルでOJTを受けたからと言って、それは、「命令」ではないのです。あくまで指導です。

たとえば、営業職などの一般的なOJTのスタイルに、「同行観察」といったものがあるでしょう。上司などが実際に営業や顧客訪問している場面にくっ付いて回って見学させるものです。

このときに、見学している本人が

「常に、絶対その通りにやらないといけない」

ものとして理解しているとしたら、それは感覚がおかしいでしょう。そばで見ていて、個別的に上司が

「ああ言った、こう言った」
「これをやって、次にはこうした」

からといって、すべての場合にまったく同じ手順、方法をとるとは限らない。それを、

「言われたとおりにやってます・・・でも契約取れません」

で済むわけがないでしょう。ところが、お店の仕事ではなぜかそういう理屈がまかり通ってしまう場合が少なくありません。

「言われたとおりにやっています。何がいけないんですか?」

と平気で言い出します。

指導している側からすれば、実践を見せつつ、いいところ、悪いところを自分なりに消化して、早く自分で考えてできるようになってほしいと思っていることでしょう。ただし、初めから全部自分で考えてやれ、というのも非効率なわけです。だからこそ、わざわざ見学させるわけです。そもそもOJTは、ルールでも命令でもありません。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。