店長力スポンサー広告OJT > 指導しにくいタイプ
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導しにくいタイプ
まれに、権威的スタイルで指導すると異常に反発する新人さんがいるかもしれません。かたくなに自分の意見を通そうとする、教え方が悪いといって不満を露にする・・・こういうタイプの新人さんに当たることもあるでしょう。

前職で同業種の経験がある人なども、指導を受け入れにくい面があるでしょう。すると、また「指導力が云々」という話になりがちです。

もちろん、ある程度、すでに指導という業務に熟達している人なら、そういうタイプの人でもうまく配慮して指導することも可能かもしれませんが、最初からそれを求めるのは無理があります。

しかし、実はそれはそれでいいのだと私は思います。というのは、それは

「早い段階で新人さんの傾向が露呈する」

ことになるからです。そのほうが判断しやすいからです。判断というのは、指導スタイルを変更する、担当者を変える、といったことだけではなく、期待する業務内容や役割そのものを変更する場合、または、研修を中断して雇用を取り消す、ということも含みます。

ごく単純に考えて、

うま~く指導すると、きちんと仕事できるようになる人

は、逆に言うと、

常にうま~く指導し続けないと、仕事に支障が出る人

とも言えます。前に言ったとおり「本来雇うべきでなかった人を、はじく」というのは、冷たいようですが、お店を運営する上で必要なことだと思います。事実上、お店の側で雇用について判断できるのは仮採用期間までなのです。そこを通過してしまえば、事実上、本人が望む限り雇用は継続する、と考えたほうが妥当です。

また、働く人の立場で考えても、問題を抱えたまま時間が経過するのはマイナスです。長く勤務した挙句にトラブルが発生して、辞めざるを得なくなる・・・とすれば、禍根を残しますし、本人もかなり感情的になります。試用期間中にきっぱり判断されるほうが、その時点では不満でも、お互いのためという気がします。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。