店長力スポンサー広告OJT > 初期は権威的スタイルで問題ない
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初期は権威的スタイルで問題ない
指導と言うとき、また、OJTといった場合にも、単に作業そのものを習得させるという以外にいろいろな「含意」があることは事実ですが、私の考えではそういった点への配慮が必要になるのは、もっと後です。

ごく新人さんの初期研修とか、働き始めて間もない人への作業の「習得」を主に目的とするOJTの場合、指導の仕方、コミュニケーションのとり方といったものに過剰な不安を抱くことはあまり必要ありません。ごくふつうに、ごく自然に教えればいいのです。

もちろん、配慮しないよりはしたほうがいいとは思いますが、そういった配慮の不安があるからといって、他人へのOJTを避けてばかりいれば、既存の各スタッフさんは余計に指導経験の機会を失います。

また、もし新人さんの指導係を決めたとしても、もちろんOJTそのものはその人が中心になって進めるとしても、だからといって、その新人さんへの配慮、コミュニケーションといったもの、況や、それ以後の育ち方とか、働き具合など、すべてに責任があるわけでもありません。むしろ、そういう取り越し苦労をするから指導を任せられなくなるのです。

直接業務を習得させる役割はあるとしても、それ以外の部分は「一人の担当者の責任」でもないし、逆に

「ひとりで全部面倒見なければいけない」

などと考えると新人さんにもむしろ悪い影響を与えるかもしれません。自分がすべきOJTの内容、またその役割を過大に感じる必要などないのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。