店長力スポンサー広告OJT > 新人さんの味方を作ってあげる
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新人さんの味方を作ってあげる
評価者としては、情や願望を持ち込むことは避けたいところですが、指導担当者はむしろ

新人さんの味方

として存在したほうが、指導そのものはスムーズに進みます。指導担当者は、

「何とか、早く仕事を覚えてもらおう」
「この人といっしょに働けるように、頑張ろう」

という気構えで指導するほうがいいわけです。こういう気持ちは、指導されているほうにも伝わるものです。新人さんからすると、こういう姿勢で指導してくれるなら

「いい先輩だなあ、しっかり教えてもらおう」
「この人といっしょに働きたいなあ」

と思う確率が高いです。

しかし、仮に指導担当と評価者が同じ人である場合、お互いに態度や受け答えが建前になりやすく、言動も差し障りなく表面的になりがちです。たとえば誰でも、店長さんには言えないけど、先輩スタッフさんになら気軽に聞けることは絶対あるし、同じことを言うにも緊張感も違うわけです。

だから、理想を言えば、指導担当者が別にいて、店長さんは、その「指導」を後ろから黙って見ていればいいわけです。そのほうが、評価もしやすいし、指導担当者の指導方法そのもののチェックもしやすいです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。