店長力スポンサー広告OJT > 評価者の分離
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
評価者の分離
評価という面で言うと、どうしても、

「指導される側にとって、厳しい」

と思われるような内容が出てきます。

もちろん、指導する側にとっても、早く新人さんが仕事を覚えて、お店の仲間として活躍してほしい、と願う気持ちがあるのは当然です。ただ、特に仮採用期間中の研修などでは、

○ 業務をスムーズに習得させる、という面と、
○ 想定通り習得できそうもない人員は、切る

という側面が同時に行われることになります。つまり、指導と評価は表裏一体なわけです。

評価する、という行為は時にある種の冷淡さが必要になります。少なからず、一方的、強制的に行う場合もありえます。しかし、指導そのものは、できれば、明るく、好意的に、そして、前向きに進めたいものです。

この意味で、実は、

評価者と指導担当者が分離していること

が機能的といえます。そのためには、店長さんとか、一部の人だけでなく、新人さんへの初期研修を担当できるスタッフさんが多くほしいわけです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。