店長力スポンサー広告OJT > 標準所要時間を設定する
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
標準所要時間を設定する
スタッフ教育でなかなかうまくいかないのが、

「作業をもっと早くしろ」

という点ではないでしょうか。たとえば、次の段階では動きをスピードアップしてほしいのに、

「教えられたとおりにやっています」

と言われて、どうにも伝わらない、ということになったりします。教えているほうからすれば、やっているうちに一定のスピードでできるようになってほしい、そのように努力してほしい、もっといろいろやることはあるし、時間はいつも足りないんだから・・・などと当たり前のように思っていますが、本人にとっては、最初に丁寧に教えれば教えるほど、たどたどしいながらも正しい手順を覚えた時点で、「よし、それでOKだよ」と言われたわけですから、後から

「もっと早くしてくれ」

と言われるのはけっこう不本意なのです。一応頭では分かっても、本気になれないのかもしれません。

お店では、典型的な「作業マニュアル」は置いてあるはずです。または、OJTの最中に口頭で伝えてもよいのですが、最初に、

今習っている作業の「標準所要時間」

を伝えておくことが有効かと思います。それ自体を到達目標としてもいいですが、そうでなくても、新人さんには

「一応できているけど、まだまだ遅い」

ということを初めから明示しておくほうがいいと思うのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。