店長力スポンサー広告OJT > 初期研修に、指導力など要らない
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初期研修に、指導力など要らない
しばしばスタッフさんは、現場におけるOJTにしろ、人に業務を教えるためには、きわめて高い実務能力と同時に、いわゆる「指導力」というものが備わっていなければできないと思っています。

店長さんなどもそう思っていることがあります。実際、特に新人さんへの初期のOJTは、店長さん自身がすべきだ、という意見はしばしば聞かれます。

しかし、きっぱり言うと、私はそれには賛成しません。

私は、一口に研修、指導と言っても

○ 誰でもできる指導
○ 特に指導力が必要なもの


の両方あるはずだと思います。そして、語弊を恐れずに言うと、新人さんへの初期のOJTに高い指導力など必要ない、ときっぱり考えたほうがよいと思うのです。

もちろん、指導する側のスキルやキャラクターといったものが相手に影響を与える面があるのは事実ですし、指導力が高いほうがいいに決まっています。しかし、特殊に高い指導力がないと、何も指導することはできない、なんてことはぜんぜんありません。

少なくとも

「自分は、他人の指導といったものには無関係だ」

ということにはならないし、教えるという業務は、レベルの差はあれ誰でも行う必要があるものと考えるべきだと私は思うのです。

そもそも、自分が働いていて、そこに新しい後輩が入ってきたら、先輩としてそれなりの態度で接したいし、知っていることはなるべく教えてあげよう、と思うのはきわめて自然な感情ではないでしょうか。もっと言えば、別に先輩だから後輩に、というだけでなく、知っていることは知らない人に教えてあげる、知らないことは知ってる人に聞く・・・ごく自然な行為でしょう。

ところが、お店のほうで、わざわざこの自然な流れを抑えてしまう環境を、自ら作ってしまう場合があります。指導という業務におかしなこだわりや、過剰な思い込みがあると、その影響を恐れて、なるべく当たらず触らず、という気分になってしまいやすいのです。

長年お店をやっているのに、どうも一定以上のレベルのスタッフさんが育たないと感じている店長さんは多いはずです。募集が悪いのだろうか、業種的にいい人が集まりにくいのだろうか・・・と考えがちですが(もちろん、そういう観点も必要ですが)、ただそればかりではないような気がします。

職場や社会全体が、特に権限を持っている人、特に指示された人しか指導というものにタッチしない、という考えを許してしまっているという面もあります。でも、それは本来的ではないと私は思うのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。