店長力スポンサー広告OJT > 指導は誰かの仕事、ではない
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導は誰かの仕事、ではない
お店で働く人の何割かも、おそらくこういう考え方を持っていると思います。いわゆる「指導」というのは上位の一部の人に課せられた特殊な業務であるという思い込みです。

従業員管理は、店長さんに責任がある。

確かに、それはそうです。

しかし、前で考えたように、初期研修に限定して考えても、そもそもお店にいる全員、決して無関係ではいられないのです。しかも、初期研修だけがOJTではありません。OJTだけが指導なのでもありません。

一口に「指導」と言っても、ごく広い範囲が含まれています。むしろ、現場でのOJTを有効に機能させようとすれば、できるだけ多くの人をOJTに参加させて

「指導する側の意識を変える」

ことに意味があります。だから、特定の人ではなくて、お店にいる誰もが、ある程度作業を習得した段階で、一番扱いやすい部分から経験してみるほうがよいと私は思います。その意味で、たとえば、新人さんへの初期研修を任せられるような体制を作ることが一番かんたんで、効果も高いと思うわけです。

より深い業務理解や、指導技術の向上もさることながら、周囲に積極的に目を向け、自然な知識や経験の伝達を阻害しないような心構えを持つこと、早い段階でそのような姿勢を身に付けることに大きな意味があります。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。