店長力スポンサー広告OJT > OJTは例外的な業務ではない
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OJTは例外的な業務ではない
今、多くの企業で、現場的な知識の伝達、習得が十分に行き届かないために、せっかく熟練したノウハウやスキルが蓄積されない、といった問題がクローズアップされています。それは、ひとつには世代間の問題、職場の年齢構成の「中抜き現象」が激しいこと、また、転職に抵抗感がなくなってきた、といった理由もしばしば指摘されます。

それもそうなのですが、私が思うのは、そもそも「指導」というものについての感じ方の問題です。

中でもまず問題だと思うのは、「指導」というものが誰か特定の人がすべき特殊業務みたいに思われていることです。そのために、全体としてスキルを共有しようとか、知らない人には誰でも何でも教えようとかいう雰囲気が殺されてしまい、「我関せず」が正当化されてしまっている、という点が大きい気がするのです。

一般に、指導とかOJTというと、ごく初期の研修といったものだけを頭に思い浮かべます。それ自体問題であって、本来、指導とかOJTとは、働いている限りさまざまな場面で発生するものであって、職場に入ってしばらくするとなくなる、というものじゃありません。

しかも、そういう初期的な研修やOJTを行うとき、たいていの職場では、誰か特定の人を「指導係」として決めてしまいます。

もちろん、最初のうちは指導係みたいな役割の人がいたほうが効果的な面も多いことは確かです。ところが、むしろ、なまじ指導係を決めてしまうので、それ以外の人が

「ああ良かった。私の責任じゃない」

と思うようになりがちです。それに、指導係がいる手前、各自の判断で勝手に口を出しにくくなる、という面もあります。

こういう傾向があるので、指導というものが限定的で、特殊なものに思われがちなのではないでしょうか。

本来、誰が誰にOJTを施しても別に悪いということはありません。仮に研修等が体系化されていたとしても、それ以外の指導を行ってはならない、ということにはならないでしょう。

逆に言って、たとえば担当者がいたとしても、その人が行うべき「指導」というのは、ごく直接的で、部分的なものに過ぎず、全部その人がやるということでも何でもありません。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。