店長力スポンサー広告OJT > 指導内容の統一
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導内容の統一
ただし、です。こと今必要な「作業の習得」に限って言えば、それは、周囲のいろんな人が「ああだこうだ」と口を出すのは逆効果になります。

ワンボスの原則というのがありますね。つまり、指導に限らず、指示、命令その他、直接的に従うべき人は常に一人であるべきだ、という意味です。

たとえば、職場でのマナーのようなもの、または、人間関係のようなこと、こういった付属的な情報は、誰から聞いても悪いということはありませんが、今習得しようとしている作業そのものについて

「私はこう思う」
「いや、私はこうやってる」

というような、錯綜した情報を与えるべきではない、といえます。主にそのために指導係というのがいるわけです。

原則として、指導係以外の人は作業のやり方そのものについて横からチャチャを入れるようなことは避けなければなりません。たとえ、店長さんでもです。

また、新人さんに何か直接質問されたとしても、「指導係の人」の考えと一致した情報を提供しなければなりません。

本来を言えば、お店の初期研修で行われる内容は、そもそも統一された内容で、手順も基本的な考え方も、誰に聞いても揃っていることが望ましいのです。しかし、現場ではどうしてもディテールの誤差、言い方の違い、それぞれのスタッフさんの興味の偏りや考え方の傾向、といったものが出てくるので、ともすると、ごく初歩的な作業でさえ、新人さんからすると

「いったい、どっちなんだよ」
「誰の言うことを聞いたらいいの」

と思うような場面が出てきてしまいます。

指導係の人は、この点だけは注意しなければなりません。とともに、周囲の人も、このような指導係の立場を理解して、言うべきことは言い、言わないでいいことは言わない、という認識を持って新人さんと接する必要があります。

ただ、こういう認識は、自分が

「指導」というものを経験して初めて生まれる

ものではないかと私は思います。そもそも指導という業務を経験する機会がなかった人は、いつまでたっても無頓着な態度で平気なのです。となると、単純に、お店の中に「新人さんの指導や、日常的なOJTを経験したことがあるスタッフさん」が多いほうがいいでしょう。だから、特殊業務にしてしまわないで、たとえばお店にいるスタッフさんみんな指導経験があれば、人が育ちやすい環境になります。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。