店長力スポンサー広告OJT > 導入と休憩
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
導入と休憩
新人さんの初期研修の際、あえて「導入」部分に時間をかける意味は何でしょう。たとえば

○ある程度緊張を解きほぐす
○自己紹介とか、プロフィールを交換し合う
○お店の仕事について、ごく大まかな説明をする

などが思い浮かびますが、これは本当に必要なことなのでしょうか。

また、逆にこの程度のことしか情報として与えないのであれば、きわめて不十分で不親切だと言えないでしょうか。他に話すべきこと、やっておくべきことは何か、と考えてみるべきで、仮にそれが、たいして思い当たらないのであれば、それこそさっさと指導そのものに入ったほうが時間の節約というものではないでしょうか。

たとえば、

○雇用契約書などの取り交わし
○基本的な勤務条件の提示
○最初に問題になりがちな現場的なルールの確認

といったものもありますが、私の意見としては、これらは必ずしも最初の導入の場面で不可欠とはいえない気がします。ごく本来的に言えば、これらは働く前に提示しておく必要があります。

再確認だとしても、それを導入の時点で言う意味はあるでしょうか。これらは、むしろ一つひとつを整理しながら、順次説明しても別段問題はないと思えます。

初期研修は、ぶっ続けで作業ばかりやらせても効果的ではありませんから、途中でたいてい休憩を取りますよね。正直言って、教えられている人に対する配慮というよりも、教えている側のほうが先に疲れるので、その休憩というのは、たいてい、どうしても無意味な時間になってしまいます。

「どう?仕事、やっていけそう?」
「・・・ハイ、頑張ります」

などという、取りとめのない会話に費やされます。

私の場合、たとえば雇用契約書の取り交わしはたいてい研修の途中で、そういう時間を使って行います。遅刻、欠勤とか、私物の保管とか、現場的な指示やルールもそういう時に提示します。しかもこれはあらかじめ決まっていることなので、口頭では説明せず、書いたものを読んでもらいます。その間に自分が休憩するわけです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。