店長力スポンサー広告意味 > OJT
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OJT
職場で行われる指導のうち、配属される現場で業務そのものを行いながら指導を受けることをOJT(on-the-job training)といいます。

一般に、コンビニなどの小規模なお店では、指導=OJTということになるかもしれません。つまり、あらたまった研修らしい研修を施すことはほとんどなく、多くは店長さん自身、または、先輩格のスタッフさんに教わりながら、ごく初歩的な作業から順次覚えて、実際にすぐにやってゆくことになります。

ある程度規模の大きい店舗であれば、入社した全員が、現場とは別の施設などでいわゆる研修を受けることがあるかもしれません。たとえば、研修センターみたいな別の場所があって、講義を受けるというような。これは、区別してOffJT(on-the-job trainingの反対、という意味で、これは、和製英語らしいです)と呼ぶことがあります。

OJTとOffJTとは、一応の概念としては分かりやすいと思いますが、では実際に、どこからどこまでがOJTなのか、また、OJTといった場合、誰がどこまで指導すればいいのか、といった点では案外はっきりしないこともあります。たとえば、新人さんが入ってきて、お店の事務所でオリエンテーリング的に

「うちのお店では・・・」
「お客さんというものは・・・」

といった店長さんの話を聞かされている場合、これはOJTなのかどうか、微妙ですね。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
そうですよね。レジに立っていれば、お客様はお会計してくれるものと思いますから、

「今、練習中なんで、あちらで・・・」

とは言えませんしね。また、レジを止めて練習などしたら、それこそ

「こっちの都合でレジ止めてもいいんだ」

ってことになってしまって、教育上悪いし・・・
2006/10/23(Mon) 14:29 | URL  | Y [ 編集]
OffJTできたらなぁと思うことはよくありますね~。
ちょっとした教育もレジで中断ばっかりでは教える方も教えられる方もストレスたまって教育効果低いですから。
ただ現状では無理っぽいです。
ツライとこですね。
2006/10/23(Mon) 12:44 | URL  | ヤマイエ [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。