店長力スポンサー広告意味 > POP(ポップ)
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
POP(ポップ)
お店でPOPと言っているのはpoint of purchase advertisingの略で、直訳すれば購買時点広告ということです。つまり、実際にお店に行って、その商品を買うときに見ることになる商品情報のことを指します。

だから本来、販促物全般を指すことになりますが、たいてい、その商品が並べられている棚の前面にチョコッとくっついているアイキャッチ用のシールや、ポヨンポヨンとかわいく動くような飛び出し型のものなど、ごく小型の販促物のことを特に「ポップ」と呼ぶことが多いです。

POPをつける主な目的は「その商品の存在を強調する」ということですが、商品特性やアピールポイントを伝えたるために詳しい情報が盛り込まれている場合もあります。

不思議なもので、たとえば、そのPOP自体に何ら意味ある情報が含まれていないとしても(仮にその商品と何ら無関係な、たとえばお花の絵が描いてあるだけでも)POPが付いているというだけでもお客様は他の商品よりもそちらを購買する確率が高くなる傾向があります。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。