店長力スポンサー広告陳列 > ベストな多フェイス展開
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベストな多フェイス展開
本来的に言えば、多フェイス展開する意味は、以下のようなものが考えられます。

○ 売りたい商品に注目を誘うために多フェイス化する

そもそも、原則的には、お客様に「この商品はぜひとも見てください」という意味で多フェイス化するのです。お客様は、特定の商品に注目し、興味を持たないことには買う気持ちは起こりません。多フェイス化の最も重要な意味は、強制的に注目させることです。この原則がいつの間にか作業者やお店側の都合で曲げられてしまうのがまず問題なのです。

○ お客様に商品に対する自信を伝える
 
多フェイス化するためには、その陳列に耐えられる数が納品されなければなりません。ということは、たとえば5フェイスとか6フェイスとかいう展開をするには、前もってそれを予定して大量に仕入れなければ、できるはずがありません。

裏を返せば、発注担当者はそれだけの数を一気に仕入れても販売できると考えているということです。つまりその「商品に特に自信がある」ことを表明していると考えることができます。お客様は、その自信に期待して買ってみよう、ということになります。

○ 提案するために多フェイス化する

注目もそうですが、その後お客様に興味を持って見ていただき、他のものとも比較した上で、それを選んで買っていただくための情報を提供しなければなりません。

その方法の1つとして、多フェイス化によって、そこに販促物を取り付けたり、商品の全面が見えるように工夫したりするスペースを作り出します。しばしば、フェイスが足りないために、どれがどの商品の販促物か分からないような陳列を見かけます。単に商品を置くという観点だけでなく、その商品の十分なアピールや情報提示を狙って、空間を使うことも必要なわけです。

○ 売り場にメリハリ・変化をつける

現在メインと思われるアイテムを重点的に扱うことで、変化をつけ、楽しさや選びやすさをも演出します。ずっと、同じ商品ばかり売っている売り場は飽きてしまいます。また、実際には商品の改廃が行なわれていても、陳列の仕方が変わり映えしないと面白くありません。お客様は品揃えが変わっていることに気が付かないこともあります。

また、どれもこれも変化がない単調な陳列は、実は選びにくく、特定の商品を選びにくいのです。いわば、選ぶのが「お客様まかせ」過ぎるのです。いくら自由に選べるといっても、一から自分で全部チェックして正しく選ぶのは、けっこう疲れるのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。