店長力スポンサー広告心構え > 仕事の評価者のスキル
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事の評価者のスキル
ところで、私は別に「評価する立場の人」を弁護するつもりは毛頭ない。そういうふうに聞こえたかもしれないが、逆に言って、もし、あなたを評価する立場の人が、お客様の利益に無関係な、他の事柄を評価に持ち込むタイプの人だとしたら、あなたは、単純にお客様にばかり奉仕していられなくなるだろう。実はこれは、ある意味きわめて自然な話で、別段責められることではないとも言える。

よくある話、

「お客様からいただいたお金が、あなたたちの給料になる」
「だから、お客様を大切にしなければならない」

という説教を聞くことがあると思う。確かに一理あるが、これはまさに形式論である。言い方は悪いが、そのお店で必ずしも評価されないのに、勝手にお客様のことばかり考えて行動している人はむしろおかしい、とさえ考えられる。単純にいえば、そうなる。

多くの人が、「お客様を大切にする」と口では言いながら、発言どおりに行動できないのは、つまり

評価者の「評価スキル」を信頼していない

という理由による。必ずしもそう理解しているわけではないが、実質的にはそうなる。むしろ、あえてストレートに表現すれば、お店に限らず、雇われて働いている人にとって、

真のお客様は「雇っている人」である

と言ったらどうだろう。たぶん、このように言った方が、共感する人が多いかもしれない。極論すると、

○雇っている人に気に入られ、有利な待遇を引き出す
○最低の労力で、有効な評価を引き出すためのパフォーマンスを心がける

これが、雇われている人にとって「仕事」そのものであり、一番大事なことである。お店に来るお客様のことなど、これに比べたら自分にとって全然問題ではない。

だから、お店で働いている人は、結局のところ

「店長に怒られない程度に」
「クビにならない程度に」

仕事をしようとする。それが、本人にとっての事実上の規準になってしまっているのである。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。