店長力スポンサー広告心構え > 評価が見合わないと思ったら
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
評価が見合わないと思ったら
以上のような点を踏まえて、それでも、どう考えても待遇が見合わないとか、評価が著しく不当だとか思った場合には、それを率直に伝えることは悪いことではない。あなたの意見が通るかどうかは、契約事なので分からないが、話すこと自体はむしろ有意義なことだと思う。

ふつうの店長さんだったら、スタッフさんが待遇について気軽に話してくれることは、むしろよいことだと考えているに違いない。なぜなら、そういう機会は、同時に仕事のスタンスについての意見を共有するまたとない機会でもあるし、そこから派生して、さまざまな具体的な問題について議論したり、指導したりするきっかけにもなるからだ。

はっきり言うが、そういう話自体をまともに取り合ってさえくれない店長さんだったら、そこで働いていて、正当に評価してもらおうなどとは考えない方がいい。

ただし、待遇についての話題は、実際口にすればすぐに感情論になってしまいがちだ。もちろん、それではいけない。言い方が重要だ。

一つには、前に言った「よい学習者」の態度で語ることだ。この場合も、自分が正しい、正しい、と押し通すような言い方では、何の解決にもならないどころか、むしろ自分の無能さをさらすような結果になってしまう。これでは、たとえ相手が聞く耳を持っていたとしても、聞いているうちに嫌気が差してくる可能性が高い。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。