店長力スポンサー広告心構え > 仕事に対するスタンス
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事に対するスタンス
前で述べたことは、ある意味で原則論であり、理想論である。それに、私がそう思うということであって、あなたがそう考えるかどうかはあなた次第だ。

ただ、私がもし人を雇い、評価する時には、第一に、述べたようなスタンスの違いについて、その人がどういう反応をするかを必ず見るようにしている。なぜなら、それは、その人が提供する仕事の価値にきわめて重大な影響があると信じるからだ。

このことは、単にその人が雇われたとき、どの程度期待できる人材かという面で重要なだけではない。結局は、その人自身がある程度自立的に経済的な活動を、責任を持って行えるかどうかということにも影響してくると思う。つまり、管理する立場になるとか、人の上に立つとか、あるいは、将来お店を持ちたいとか、そういう場合には、非常に大きな問題になる。(私は、そういう意図がある人に対する指導が本業なので、こういう面を特に気にする)

反論もあると思うが、あえてはっきり言えば、少なくとも私としては、「仕事は、経済活動である」という事実を飲み込めない人は、自分でお店を経営するべきではないと思っている。また、雇われているとしても、ある一定以上の役割は期待できない。それに、働いている間にいつも実質的に不利益を被る立場になりやすい。はっきり言えば、弱者として振舞うことを余儀なくされてしまう。

だから、選べるとすれば、私は必ず、「原則をわきまえた人」を選ぶ。これは私が一番信頼している評価基準だ。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。