店長力スポンサー広告心構え > 経済活動としての仕事
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
経済活動としての仕事
最近では、雇用の現場でも目標管理や成果主義が標榜されることが珍しくない。また、それを待つまでもなく、本来的に言えば、本当は最も望ましい形は、各人が提供した価値に対して直接評価し、支払うことであるはずだ。

雇用となると、法律的にも制度的にもさまざまな制約があるため、現実にはそれを完全に求めることは簡単ではない。しかし、そもそも、一般的に経済全体を考えれば、提供された価値に対して支払うというのは、ごく当然の、前提的な考え方だ。

なぜ、各々の店舗や業者はサービスを差別化し、その優位性をアピールするのだろうか。それは、そこに含まれる価値の高さを訴えるために他ならない。私たちが消費者の立場で考えたとしても、相手が提供した価値に対して支払うというのは、ごく当たり前の考えで、

「何時間いてくれたから、いくら払う」

などとはふつう思わない。ある規準を満たした仕事を提供してくれて、初めてそれに対して納得して支払おうということになる。

裏を返せば、先に対価を得ておいて、後になって「やっぱり規準は満たせませんでした」というのは通らない。また、「いったん契約をお受けしましたが、対価が少ないと思ったので、その分手を抜きました」なんて言われたらどうする。これはきわめておかしな、一方的な理屈ではないか。

あらためて、雇用と、そしてその対価ということについて考えたとき、今言った全然筋が通らない理屈が、こと「雇用」となるとなぜか成立してしまうように感じられる。ここから脱却しない限り、どんな主張も空しいものになってしまう気がする。

私が観点として挙げたいのは、自分がお店で働いているということを

○ 単純に雇ってもらっている、と考えるか
○ 経済活動に参加している、と考えるか


ということだ。この2つのうち、自分がどちらの考えに近いかを確認してほしい。そして、自分の仕事の価値をより高めるためには、どちらを選択したらよいのかを考え直してほしいと思う。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。