店長力スポンサー広告心構え > 動機を育てる
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動機を育てる
お店という場を職場として選ぶ人の中には、さまざまな動機を持つ人が混在している。大まかに分類すると、

(1)成り行き型:アルバイトなどの経験から継続するタイプ
(2)逃避型:一般的な就職先を敬遠しているタイプ
(3)自己実現型:経営したいと思っているタイプ
(4)後継ぎ型:家業を引き継ぐ場合など

が挙げられると思う。自分がどういった理由で「お店で働く」ことを選んだのか、確認しよう。

そして、先に言った

(1)WILL:したいこと
(2)MUST:しなければならないこと

との関連性を考えて欲しい。最初の時点では、お店で働くことを選ぶに至った経緯と、本人の動機のタイプや明確さにはある程度相関性があると考えられる。

たとえば、成り行き型に当てはまる人の中には、自分がお店で働くのはなぜか、と聞かれて、ふと答えに窮してしまうかもしれない。漠然と、「働かなければならない」という事実だけが感じられていて、特に理由など見つからないかもしれない。もし、そうだとすれば、今の時点では「MUST」がかなりの割合を占めていると考えられそうだ。

しかし、最初のいきさつは同じでも、働いているうちに、お店の仕事というものに大きな魅力を見出して、より自発的に「お店で働きたい」という気持ちが強くなってきた、という人だっているだろう。「成り行き型→自己実現型」という推移は非常に一般的なことで、何も不思議はない。

ただし、これは、ただ単純に「気持ちの持ち方」だけで選べるものではない。なぜなら、自分の仕事を「WILL」に近づけるためには、それなりのコントロールや、スキルが必要だからだ。

みんなそのために自分の実力を向上し、成長しようとするのだ。

逆に言えば、自分がより実力を向上し、成長すれば「WILL」に従って仕事を選択できる余地が増えてくる、ということもできる。

もちろん、働く動機を「WILL」と感じられれば、主観的には気分が良い。そして、最終的に

(4)「WILL→WILL」型

に達すれば理想的である。いわゆる「勝ち組」であり、成功者である。

さあ、少し「働く動機」らしきものが頭に浮かんできただろうか。では、このように考えて、一応の答えを出してみよう。

ただし、これはあくまでも暫定的なものと考えて欲しい。今決める必要はないし、今思い浮かんでくるものに執着するのはむしろ良くない。繰り返すが、何よりも大切なのは「継続的に考えること」だと私は思う。

「WILLを育てる」

という気持ちを持って欲しい。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。