店長力スポンサー広告心構え > 最初が最高のもの
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初が最高のもの
働いていると、作業のやり方や、お店でどう行動すれば良いのか、といった「技術」は日々向上してゆく。ただし、その反面、「意識」や「姿勢」といった面は、放っておけば日々劣化してゆくと考えるべきだ。

私は、入ったばかりの、新人のスタッフさんには必ずこのように説明する。

「あなたは今、お店での仕事について何も知らない。それはまったく問題ではない。ただ、あなたの意欲、お客様に対する姿勢といったものは、初めてお店で勤務する時、つまり、『今日の時点が最高』なんだ」と。

たとえば、スタッフさんは、お店で働くときには必ず「お声かけ」を練習する。すると、最初は、

○ 大きく
○ 明るく
○ お客様の顔を見て

きちんと声を出すことができる(できなければ雇用されない)。

しかし、たいていは働いているうちに、多かれ少なかれお声かけのやり方は「悪くなってゆく」のがふつうだ。時々注意されたり、他のことでほめられたりして気分が良いと、思い出したように良くなることもあるが、そうは言っても

最初よりもっと良くなる

ということは原則ないのだ。もちろん、仕事に対する捉え方の変化が起きたり、自分の業務に自身がついたりすることによって、接客がより丁寧で、優しくなったり、溌剌さが増したりすることはある。しかし、本人の「声の出し方」そのものが仕事を通して自然に向上する、ということは原則ない。

「声を出す」というような行為は、そもそも知識や技術を要するものではなく、本人の心構えや気持ちが如実に現われる。誰だって崖から落ちそうになって助けを呼ぶときには大きな声を出そうとする。

たとえばこのように、特に意識や姿勢といったものは、慣れれば向上するとか、経験が増えると勝手にスキルが蓄積されてゆくといったものではない。

日々向上してゆくものと、最初が最高であり、ほうっておけば衰退してゆくものがある。両方を意識しなければならない。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
お店で働く場合に限らず、返事の仕方や挨拶は、その人の姿勢を見るものさしになりますもんね。こちらもまたおじゃまさせていただこうと思ってます。よろしくお願いしまーす(^^)
2006/08/01(Tue) 10:49 | URL  | Y [ 編集]
こんばんは
コメント、ありがとうございます。
すごく納得できるブログです。自分が昔、嫌だった挨拶が、僕も今のヒトをみる一つ基準になっています。ほんと、声を出すって事は大事ですね。簡単な事なのですが~。

また、お邪魔します。
よろしくです~。
2006/08/01(Tue) 02:07 | URL  | tetsbiz [ 編集]
ありがとうございます。お店のこと主体ですが、お仕事全般に通じる部分もあるかも知れません。ぜひまたお越し下さい。よろしくお願いします。
2006/08/01(Tue) 00:38 | URL  | Y [ 編集]
初めまして。
こんばんは。
履歴よりお邪魔しました。興味のある内容のブログなので、またお邪魔させていただきます。
宜しくお願いします~。

あと、応援ポチ!
2006/07/30(Sun) 03:07 | URL  | tetsbiz [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。