店長力スポンサー広告心構え > 流されるな
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
流されるな
すべての業務・作業は「規準」を満たすように進める。お店では、ごく些細な行動・動作まで、提供しようとする規準との関連性を考えなければならない。なぜなら、お店での仕事は「見せる仕事」であるからだ。

ところで、最初、お店で働き始める時点で、期待される規準を満たすように努力することは、実は案外簡単なことである。実際にできるかどうかは別として、そのように努力しようという気持ちは最初が一番強い、という意味である。

むしろ、初めは誰でもそういう理想を多少なりとも持って働き始める場合のほうが多いだろう。ただ、実際にお店で働いているうちに、そういう視点は失われていき、代わりに

「売っている側に都合のいい考え方」
「自分に都合がいい考え方」

を身に付けてしまう。これは、いわば本能的なことなので、誰も逃れることはできない。だから、自分がそうだからと言って別に心配しなくていい。人と比べて、自分が劣っているなどと悲観する必要もない。しかし、人間はまったく無力なわけではない。それをどのようにコントロールできるか、どの程度客観的に見られるかはその人それぞれの考え方や、態度による。

実際に働いているうちに、多くは周囲の環境によって、その、当初の単純な望みが満たされず、ストレスが生じる。それも誰でも同じである。しかし、通常それは決して抵抗できないような大きさではなく、意識していれば回避したり、克服したりできる。

それなのに、そこで変に環境に迎合したり、変な考えに陥ってそれとは反対の方向に自分を導いてしまう。そうすると、もはや、最初の段階に戻ることすら非常に難しくなる。変なクセがついてしまうと修正するのに余計な労力がかかってしまう。

人間、自分を高める方向に努力するにもそれなりの(しかし決して不可能ではない程度の)パワーがいる。逆に、安易な方向に流れるのはいともたやすい。そして、流れてしまったものを反対に戻そうとすれば、途方もないパワーが必要になる。

自分が、ある目標に向かって努力しようとする時のことを考えればわかると思うが、最終的なゴール地点までは、なるべく直線的に進んだ方が有利だということは明らかだ。自分の行動の方向性を急に転換することは非常に困難だ。

だから、最初からこういった面でよく考えて、何が求められているのかを正しく把握し、ある程度のバイアスやストレスに抵抗し続けながら自分を高めてゆくなら、必要なパワーは「長く、少なく」で済む。

そうでない人がある時突然に方向転換しようとすれば、多大なパワーを瞬間的に必要とする。それに、そんな方法では、最初うまくいったとしても、最初から続けている人に追いつくには、さらに大きなパワーを費やし続けなければならない。これは非常に難しい。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
どうも。
頂くほどのモンでもないとは思いますが、そう言っていただけると嬉しいですね・・・こちらこそ、いつも参考にさせていただいてます。ありがとうございます。

また、お忙しい中コメントどうもありがとうございます。
2006/08/01(Tue) 00:45 | URL  | Y [ 編集]
おっしゃるとおり!
お久しぶりです。
うんうん、ナットクです。
何か、こういう事が言いたかったんだけど、言えてなかったですね。研修で。
>最終的なゴール地点までは、なるべく直線的に進んだ方が
>有利だということは明らかだ。

うん、これ!!
今、作りたいスライドのイメージが湧きました。
いつもの事ですが、頂きます!(笑)
2006/07/31(Mon) 22:23 | URL  | なが [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。