店長力スポンサー広告競合 > 独占型ストラテジー
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
独占型ストラテジー
まず、独占型ですが、これは、すでに商圏内において中心的な役割を果たしている店舗、または、今後その役割を担おうとしている店舗が行なうべきものです。言ってみれば、自店がすでに横綱相撲ができる状況にあるような場合に有効な戦略と言えると思います。

たとえば、比較的大型のSC(ショッピングセンター)とか、商圏内で高いシェアを維持しているSM(スーパーマーケット)などが典型的でしょう。

ただし、たとえばCVS(コンビニ)や専門店などであっても、自店の商圏や交通導線など、また、取り扱い品目がどのように設定されているかによって、事実上独占的であるといえる場合もなくはないと思います。つまり、単純に売上高とか、売り場面積、店舗規模や業態だけで規定されるわけではありません。

ところで、少し考えると、

「すでにそのような状況であれば、そもそもストアコンパリゾンなんて必要ないのではないか」

と思うかもしれませんが、一概にそうは言えません。今まで述べてきたように、独占型といっても、競合が存在しないわけではありません。また、自店の改善が必要ないともいえません。

ただし、よくあり得る間違いは、すでに商圏内で独占的な地位を占めているのにもかかわらず、周辺の競合関係にある店舗をさらに追い詰めて、商圏を完全に独り占めしようとするような競合対策を考えてしまうことです。

特定の競合店に対する方策はもちろん重要ですが、一般的な意味での「競合対策」という視点にとらわれ過ぎてそれだけを直接的に狙おうとするのは費用対効果の問題もありますし、何よりも地域や商圏全体の発展に寄与しにくく、結果的に自店にとってもデメリットになる危険性が高いです。

大まかに言って、独占型ストラテジーの場合主にマクロ・ストアコンパリゾンの重要性が大きくなります。同一商圏内にある競合店に対する策というよりは、具体的には、まったく別商圏にある優良店舗との比較によって、自店の商圏内での位置付けや役割、具体的な改善案件などをあぶりだすといった作業が大切になるでしょう。

また、商圏内で独占的な地位を占めているとすれば、一番の対策は

商圏自体を発展させること

であり、そのためには、排他的に自店の収益を獲得するような手法ではなく、むしろある程度競合関係にある他の店舗も「生かす」視点が重要になります。その意味での他店観察が必要になるでしょう。お客様にとって見れば、「選択肢がまったくない」というのは繁栄どころか地域の衰退に他なりません。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
>ながさん
いつもコメントどうもです。競合、っていう言葉は偏ったイメージが付着していますよね。

横綱相撲という例えがありますが、横綱だけいても大相撲は成り立ちません。平幕も十両もいて、はじめて横綱でいられるんですもんね。
2006/06/27(Tue) 12:59 | URL  | Y [ 編集]
ふうむ~。
勉強になります。
そうかー、排他的・・・・つい流れていく方向ですよね。
選択肢を残してこその発展と優位性、確かにですね。
2006/06/25(Sun) 21:34 | URL  | なが [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。