店長力スポンサー広告陳列 > さて、陳列の仕方を考えよう
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、陳列の仕方を考えよう
基本的な原則を覚えた上で、適時速やかで自然なフェイスアップができるようになる。これが第一の目標です。スタッフさん全員をその段階まで引き上げることが肝要です。いわば、ここではじめて「陳列」そのものを勉強したり、議論したりする土台ができるわけです。

それで、次に問題になるのが、いわゆる「棚割り」「フェイス取り」ということになります。つまり、どのアイテムを、どの場所に、どういう陳列方法で配置するかということです。

ところで、あらためて言うと、通常コンビニなどでは、陳列を考えると言えば、唯一

「何フェイスでおくか」

ということだけになりがちですが、それは前陳信仰に縛られているからです。第一、何フェイス、という認識自体が前進陳列を前提にした言い方です。

もちろん、実際には特殊な陳列をして効果が期待できる商材は多くありませんし、設備上バリエーションもごく限られるかもしれません。また、安易に陳列そのものに予算を使うのも考えものです。しかし、ごく限られた範囲で陳列を工夫しようと思っても、選択肢が限られてしまいます。

しばしば思うのですが、コンビニやスーパーのスタッフさんというのは、陳列に関して、すぐ飽きてしまう傾向があるように思います。初めのうちは、商品を並べたり、フェイスを考えたりするのが楽しくて仕方ありません。自分が並べた商品をお客様が手にとって見てくれ、お買い上げしてくれるのが嬉しくて仕方ありません。しかし、その期間はすぐに過ぎてしまうのです。すぐにやり方がパターン化してきます。また、どうやって置いてもそれほど売上は変わらない、という意識になります。

これには、もちろん他の心理的な問題も含まれていますが、一つには手持ちの陳列テクニックがごく少ない上に、それ以外に考える余地がない、と勝手に思い込んでしまうといった面も影響していると思うのです。

陳列の方法論に唯一の正解なんてありません。

コンビニで言っても、たとえば、昔はアイテム数を極力増やして品揃えの豊富さをアピールすること自体に意味がありました。しかし、だんだんと特定の商品に注目を誘う多フェイス展開、見やすく、手に取りやすい陳列方法、それと同時に死に筋を早期にカット(取り扱いをやめることです)してアイテム数をむしろ絞る方法が当然視されるようになりました。

ところが、今度は圧縮陳列といった手法が注目されています。ワンプライスショップや、ディスカウントストアでは、むしろ

「選びにくい」
「手が届かない」
「何があるのかよく分からない」

ような陳列をわざと行う所があります。それによって、安さをアピールしたり、良い商品を発見する喜びを演出したり、目的購買以外の来店を促したりしているわけです。

このように、考えようによって、陳列の手法、そして意図はいつも変化しますし、変化させることが出来るわけです。ですから、実際行なう機会がそれほどないとしても、陳列のテキストを見せたり、他業態の店舗を観察に行ったりすることで、より幅広く考えるための知識を提供してあげたいものです。

陳列は基礎的なものだけでも多くの方法があること、陳列について工夫できることはまだまだたくさんあるということを知る機会を作ってあげましょう。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。