店長力スポンサー広告陳列 > 陳列のセンスというのは本当か
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陳列のセンスというのは本当か
スタッフさんの間で「陳列がうまい、へた」「センスがある、ない」という話はしばしば聞かれるかと思います。

しかし、私が思うに、たいていの場合それは、ごく初歩的なレベルに終始してしまいがちです。

一応、実際に行う時には当然のように先入れ先出しとか、多フェイス化といった別の要素が絡んできますが、それでも、単純に言うと前進立体陳列は「商品を手前に高く積むこと」です。それ以外の何物でもありません。

ですから、本当を言うと、そんな基本的な部分で陳列の技術に巧拙の差が出るものとは私は思いません。それは、基本的な知識があるかないか、というだけの問題でしょう。

そういったことまで曖昧なまま各スタッフさんの判断に任されているから、スタッフさんもそのレベルで試行錯誤せざるを得なくなってしまいます。

早く基礎的な段階から脱却すること

がむしろ重要です。たとえば、その商品を通常何フェイスにするか、最前面には何個積み重ねるか、といった程度のことで、あまり試行錯誤させないことです。

そのためには、仕入れ担当者が、陳列方法の初期設定として伝票か連絡ノートにでもちょっと書いておけば済むことです。たとえば

「列3、段2、前進立体」

といった単純なメモで十分なのです。そのちょっとした工夫を怠るから、いちいち作業時にああでもない、こうでもない、と考えなければならなくなるのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。