店長力スポンサー広告心構え > 働く理由
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
働く理由
たとえば、あるお店に電話をかけ、

「そちらで働きたいと思っているのですが・・・」

と言う。その時点で、自分が働く理由を明確に説明できるという人は、まずほとんどいない。

いや、それは別にごくふつうのことだ。働く理由など、学校でも詳しく教えてはくれないし、そもそも実際働いている人たちだって、みんなきちんと説明できるというわけではない。

それに、説明するとすれば、

○ 素直に自分が思っている理由、ではなく
○ 採用されやすい理由

を言わなきゃいけないとか、いろいろな「邪念」が頭に浮かんでくる。

だから、別に責めているわけではないのだが、ただ、今からでも少しずつ自分なりに「自分が働く理由や目的」をはっきりさせていこう、という気持ちを持った方がいい。なぜなら、それは

(1)自分の気持ちに従って、納得行く選択をするため

だ。しかし、実は自分の気持ちというのは、案外とらえどころがないものだ。しかも常に変化するし。だから、

(2)継続的に考えていないと、自分の気持ちというものはつかめないから

でもある。そして、そうやって、いつも考えていることが、

(3)日々作業をしたり、指導を受けたりする際の「意欲」に関わるから
(4)結果的に、あなた自身の成長のスピード、到達点の高さに関わるから

ということにもなると思う。

ところで、

「なぜ働くのか」

と聞けば、おそらくほとんどの人が、とりあえず

「お金のため」

と答えるに違いない。最も単純に表現すれば、「労働=対価」ということになる。実際、多くの人はごく初期にはそのように極めて単純な図式を信じて働く。むしろ素直。しかし、一方で、

「では、お金のためだけに働くのですか」

と聞くと、多くの人は

「いや、そうではない」

と答えると思う。たとえば

「いろいろ経験したい」
「夢を実現したい」
「好きな仕事に就きたい」
「自分の力を試したい」
「人の役に立ちたい」

など。これらは、建前とも言えるが、かといって、まったく嘘でもない、曖昧だけど何となく感じている気持ち。

ただし、何となく、「そうあるべきだ」と思い込んでいる場合もあるかもしれない。だから、今頭に浮かんだことが、必ずしも本人の真意でない場合もあるので注意しなければならないと思う。周囲の環境や社会的な風潮から、「このような労働観を持たなければならない」といつの間にか思い込まされている場合も多い。それが、報われないストレスを生む危険性もある。

だから、むしろ大切なのは、

○ 今すぐに働く理由や目的を決定すること、ではなくて、
○ 働く理由について、継続的に考える習慣を付ける

ということだ。

日々お店で働いていると、知らないうちに意識が埋没してしまい、仕事全体が機械的な繰り返しになってしまうことがある。また、スタッフとしてお店で働くということは、たとえばお店全体の方針とか店長さんの傾向、一方でお客様の意向や期待といった錯綜するプレッシャーの中に置かれるということでもある。

そういう状況で、いつも「働く理由」について考え続けることは、実はなかなか容易ではない。

しかし、実際には、労働を通して、また、労働に付随する形で人それぞれさまざまな欲求や願望を抱えている。本人にとってもそれは捉えがたく、整理のつかないものであることが多い。そして、たいていの人は、むしろ現実に働きながら、それらを発見しようとする。

同時に、たとえば同じ職場で働く周囲の仲間も、店長さんや、指導する立場の人だって、それぞれに似たような思いを抱えており、これもまた明確になっていない場合が多い。たとえ、明確になっているとしても、それが周囲にいる他の人と必ずしも一致しない場合がある。このことを自覚するのはさらに難しい。

お互いに動機が不明確、不一致なまま日常の連携がなされ、指導・育成が行われる。ここに、指導上の、また、本人の成長にとってさまざまな障害が起こるひとつの大きな原因がある。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/12/07(Wed) 15:48 |   |  [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。