店長力スポンサー広告プロ店長 > プロ店長とアマ店長 ~その4~
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロ店長とアマ店長 ~その4~
Q 最後に、小売店の経営者や店長さんにメッセージをお願いいたします。



A 基本的に大切だと思うことは著書でも紹介しましたが、現場で忘れがちなポイントだけ、言いたいと思います。



□ とにかく店から出ろ

とにかく、店長さんは自分のお店に入りびたりがちになります。どうしてもその必要があって、そうなってしまう場合もありますが。とにかく少しでも外を歩くことを考えてほしいと思います。逆に言えば、ずっとお店にいなければならない状況を改善しなければ、お店の向上も難しいのではないでしょうか。

「どうやったら、お店から離れられる環境を作れるか」

が、運営レベルの一つの目安になると思います。


□ 広く長く学べ

次に、継続的に学ぶ機会を作ってほしいと思います。お店で働くということは、一種独特の環境に身を置くということです。現場での経験だけを判断基準にしていると、往々にして、考え方が偏りがちになります。また、毎日同じような業務を繰り返していると、どうしても近視眼的になって、先の見えない感覚に陥りがちです。

あらためて考えてみると、店長という仕事について、体系的に、継続的に学んだり、考えたりする機会を持てる店長さんというのは、案外に少ない気がします。お店でやるべきことはたくさんあります。基礎的な、初歩的な問題で試行錯誤しているのは、もったいないこととも思います。

企業やチェーン店では、そういった感覚を打破するために、セミナーや店長研修を定期的に行うところもありますが、どうしても押し付けになりやすく、効果が大きいとは言えません。やはり、自分の問題意識に基づいて、主体的に知識や技術を学ぼうという意志が必要ではないでしょうか。


□ 何を売りたいのか考えろ

本当は、店長になる前に、しっかり考えておいてほしいのですが、実際に多くの店長さんと出会ってお話を伺うと、結局、自分のお店が

「何を売りたいのか」
「お客様に何を提供したいのか」

ということが明確に定まっていない方が多くいらっしゃいます。実を言うと、私自身も初めて店長という仕事に就いたときには、そんなことは考えてもいませんでしたが。

でも、今にして思うと、すべての問題は実はそこから始まっている、という気がしてなりません。自分のお店が、

「何を売りたいのか」

がはっきりしてさえいれば、お店で起こるほとんどの問題は自然に解消する、といっても過言ではないような気がします。(終)
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
確かに・・・
すぐ過信して独立しようとする人は店舗業でも多くいます。特に、コンビニなんて資金さえあれば誰でもできると思われてますね。まあ、一応できるといえばできるんですけど・・・^^;

ところで、お店でも、人を育てる、と言うとすぐに何でも任せられる自分の「右腕」となるような人を作ること、と考えがちですが、そうではありません。

適正な分担とマニュアル化、ルーチン化を進めることと、一方で自分がすべき「例外的業務」を明確に分けること、これらが機能すれば、一日中お店にいなければならない状態」はなくなります。
2006/05/27(Sat) 23:35 | URL  | Y [ 編集]
なんか記事とズレテルような・・・?
店長がいなくても安心して任せられるスタッフを作ることv-219
何の仕事にしても共通しますが
これがなかなか難しいですよね~v-390
私達の業界は仕事がチョットできるようになるとすぐ
独立したがるやつらが多いんですよ!v-393

で、かね カネ 金~

と言ってたいしたスキルも無い
やつらがお粗末な建物を作る
んですよ~!v-399

ああ、怖い怖い...
2006/05/27(Sat) 18:43 | URL  | ぺろりん [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。