店長力スポンサー広告プロ店長 > 自ら動くマネージャーであること
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自ら動くマネージャーであること
ただ、一方でいわゆるマネジメントというものに、おかしな固定観念を持ってしまうことも危険です。たとえば、私は著書の中で「店舗管理者」という名称をあえて使いましたが、管理する人と、現場で作業をこなす人は別だ、というように考えている店長さんは、これまた通用しない。簡単に言うと、スタッフさんの監視や指導が店長の主な仕事だなどというように単純に考えているようだとお店はやっていけない、と言うことです。

まず、今お店というところは、管理だけを専門にやっている人、というのは必要ないんです。それは第一に経営と運営が分化しているからです。そして、運営においてトップである店長さんは、やはりお客様に対して先頭に立っていなければならない。

たとえば、いつ行っても店長さんらしき人が見えないお店があります。たぶん事務所かどこかにはいるんでしょうが、お客様の目に触れる場所に出てこない。お客様と自分の間に、スタッフさんたちを立たせようとしている。それで、「自分は管理者だ」と考えているんです。これではダメです。

それも含めて、プロの店舗管理者にまず必要なことは、常に自分が問題だ、という意識だと思います。お店で起こることは、全部自分に端を発している、という感覚です。自分が動けばスタッフさん、そして、お客様に必ず反映される。そのように仕事を進めないといけない。また、自分が動かなければ、何も良い方向に変化することはない。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
ありがとうございます。
いつも実感します。スタッフが動いてくれない、今のバイトは、若者は・・・という店長さんも少なくありません。

確かに自分自身の姿って自分には見えないものですが、少なくとも「経営」とか「マネジメント」という言葉に逃げないよう私自身いつも心がけています。
2006/05/23(Tue) 23:35 | URL  | Y [ 編集]
本当に
本当にそうですね。
>お店で起こることは、全部自分に
>端を発している

コレさえ分かれば、HOWは幾らでも出て来るんですよね。
2006/05/22(Mon) 22:16 | URL  | 管理人 [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。