店長力スポンサー広告プロ店長 > 組織人としてのスキル
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
組織人としてのスキル
案外かもしれませんが、私が特に重視しているのは、言ってみればふつうの会社に勤めるような場合と同じような、社会人としての、また、組織人としての基本的な態度です。

昔は、お店というところは、いわば商売人を必要としていました。もちろん、今でもそれは変わりませんが、今は、それと同時に組織人であることを要求されます。

今までは、むしろそういう部分に否定的な人ほど、お店で働きたいと考える傾向があったようにも思います。

「会社勤めが嫌だから、お店でもやりたい」

とか。しかし、今それは通用しないわけです。厳しく言うと、ふつうの企業で通用しない人材が、お店という場所で通用するはずないんです。

これは、特にコンビニエンスストアで顕著ですが、はっきり言って覚えることが以前と比べて格段に多い。しかも、ごく短期間に身に付けることを要求されます。今まで以上に基礎的な実務能力が問われてしまうわけです。

と同時に、お客様に対する姿勢とか、また、他のスタッフさんの指導であるとか、そういった業務のレベルもかなり高いものが要求されます。

これは、私の実感ですが、このような点を考えると、お店でアルバイトとして勤務するために要求されることは、みなさんが考えているよりかなり高度です。これに比べると、むしろ、大学を出て、企業に就職する方がよっぽど楽かもしれません。これは、おそらく別の業種の店舗でも多かれ少なかれいえることだと思います。

ですから、特に店長さんは、組織とはどういうものか、通常社会人として要求される実務的なスキルはどういったものか、という点に注目したらいいと思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。