店長力スポンサー広告募集 > 仕事を探してみろ
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事を探してみろ
それよりも、特にやってほしいことがあります。スタッフさんの募集を掲載するための求人情報誌などを、「自分で見てみる」ことです。そもそも、そんな雑誌読んだこともない、と言うのではどうしようもありません。立ち読みでもいいですから、目を通してください。また、今でしたらほとんどの求人媒体が、同時にサイトを構築していますので、ご覧になってください。

ここにリンクを載せても良いのですが、あえてしません。なぜかと言うと、実際に求人に応募してくる方は、たぶん、このブログからのリンクを使わないからです。

あなたは、求人誌や求人サイトを見るとき、おそらく自然に

「採用する側」の目線で記事などを読む

ことになります。それでは効果は半減なわけです。そうではなく、できるだけ「応募する側」の立場に立って見てみましょう。ですから、

ふつうに仕事を探すつもりで試してみてください。

たとえば、自分が店をたたんで、どこかに就職する日がやってきた、というようにイメージを持ってください。求職者特有の心理に近づこうという気持ちがないと、募集はもちろん、その後の面接・採用・指導などにもすべて影響してきます。

応募する側の心理で見る場合と、採用側とでは、記事の一つひとつ、構成やデザインの意図するところもまったく違った感覚で目に映るものです。

要するに、そういう媒体は、完全に「応募する側に対して情報発信するもの」なのです。すると、募集記事を掲載している各社・各店の中で、「応募しやすい」「これじゃ、応募しにくい」という判断が、案外はっきりできるものです。当然、実際に応募してくる人の多くは、非常にドラスティックです。例えば、

「ああ、こういう意味で、この記事は書かれているんだな」

なんていうことを悠長に詮索している人はほとんどいません。いるとしたら、それは「今、仕事を探そうとしている人」ではないのです。この違いわかりますか?

「すぐにでも仕事を見つけたいと思っている人」と、
「仕事でも探してみようかな~、と漠然と思っている人」

は、まったく違うターゲットです。そういう点も考慮しつつ、媒体を見る目を養いましょう。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。