店長力スポンサー広告心構え > 作業スピードは必要
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作業スピードは必要
つい目の前のお客様が見えなくなってしまうのは、内部の事情や、心理的なものばかりではない。

もう一つ大きなポイントは、「忙しさ」に束縛されることだ。あれもこれもやらなきゃいけない。間に合わない。そういう気持ちにとらわれていると、一つひとつの動作や、一人ひとりのお客様への接し方がつい雑になってしまう。

「忙しい」というのもまた、お店の側の問題

であって、お客様にはまったく関係ないこと。時間を短縮してよいところと、してはいけないところをきっちり区別する必要がある。コツとして、

お客様に近いところほど、時間をかけて丁寧に行わなければならない

と覚えておくと良いと思う。たとえば、お会計のときに、バックヤードでの作業時と同じ感覚で作業してはならない。お客様が見ていない場面では、スピードを重視した動作をとっても、お客様に近付く時、すれ違う時には慎重に、ゆっくりと動く。

さらに、お客様に商品をお渡ししたり、お金を受け取って、おつりを渡す時は、最も丁寧にしなければならない。スタッフさんはしばしばカン違いする。ここでの時間を「節約しよう」などという考えは間違っている。

とはいっても、今言ったことを実行するには、実は、そもそものあなたの動作スピードが一定以上に早いということが前提になる。もともとすべての動作においてスピードがない人が、より丁寧に、ある部分では急いで、というような調節ができるはずがない。

だから、前提として、基礎的な動作において、十分なトップスピードがあることが先に必要だ。それが先。ここを誤解すると、単なる「トロい人」になってしまう。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
仕事が「速い」ことと「急いで雑になる」のは、スタッフさんに口で説明してもなかなか区別が付きません。

かく言う私も、つい雑なことをやってしまうことは多々あります。

体で覚える部分も必要だし、かといって体で動いてるだけでも身に付かない。難しいポイントだと思います。

2006/05/15(Mon) 11:27 | URL  | Y [ 編集]
時間に追われ焦って作業を
している時ってバタバタするわりにはミスがあって伸びなかったりなんて事がありますよね!
(うっ、私だけ?)

丁寧さが無くなって雑になるんでしょうね~
体のスピード調節が"速と遅"しかないみたいで・・・v-393
インバーターでファジー調節が出来るコントローラーを取り付けようと思います!


・・・あ、宝くじ買わないと!!(笑)v-219
2006/05/14(Sun) 12:52 | URL  | ぺろりん [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。