店長力スポンサー広告心構え > 自分ひとりでできること
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分ひとりでできること
あえて、厳密に自分ひとりの範囲で成立するする業務、というのを想定してみるとすれば、少なくとも

○誰の協力も連携も不要であること
○本人の営業努力のみによって常に顧客がいること
○上司など、第三者の評価などまったく必要としないこと
○その業務に付帯して起こる事務作業や金銭管理も自分ですること

といった条件を満たす必要がある。当たり前だが、このような職を探すのは非常に難しい。

つまり、自分ひとりの範囲で完結するような仕事など、事実上ほとんど存在しないということだ。自分自身で、結果だけを出せば良い仕事、という想定はかなり非現実的だということだ。

逆に言うと、たとえば、今自分自身が、自分の範囲で完結する作業だけをすることですでに仕事が成立していると思っているとすれば、それは、

○協力や連携を避けている
○顧客の獲得が不可欠だということを認識していない
○第三者の評価は他人事で、自分は関知しないことだと思っている
○その業務に付帯して起こる関連業務を理解していない

といった点を疑ってみた方がよい。

つまり、それは「ごく不十分な業務」なのだ。そして、それで自分の仕事が済んでいると思っているということは、あなた自身がいつまで経ってもその範囲以上には成長も展開もしないということ。自らごく狭い範囲に閉じこもって限界を作って何の得があるのか。

この意味で「パフォーマンス性」を知ることは誰にとっても不可欠な基本だと私は思う。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。